ヘミシンク®とは

ヒーリングアートスタジオ カーラトップページ > ヘミシンクとは

ヘミシンク®・セミナーのスケジュール

SEMINOR SCHEDULE

ヘミシンク(R)のシステム

ABOUT HEMISYNC

ヘミシンク®のシステム1

ヘミシンク®とはロバート・モンローによって研究開発され、モンロー研究所により特許取得された音響技術です。
ロバート・モンローが実験を始めた頃、バイノーラル・ビートと呼ばれる異なる周波数の音を聞く事によって、
さまざまな意識状態を体験することができることが分かっていました。
モンロー達はその技術を更に研究開発し、右脳と左脳がいっしょに活動するこの方法にヘミシンク(半脳同期)という名前をつけました。
ヘミシンク®を聞くことで人の意識は様々な状態に誘導されます。
リラックス、瞑想、睡眠、集中、知覚の拡大、至福体験などです。
実際のヘミシンク®CDにはいくつかの信号音が組み合られており、特定の意識状態に誘導されます。

ヘミシンク®のシステム2

スケジュール/お申込み

SCHEDULE & SING UP

へミシンク(R)セミナープログラムの一覧はこちら

セミナーは完全予約制となっております。お申し込みフォームからご予約ください。

音と脳波の関係

私たち人は、通常20ヘルツ以上の音を聞いています。左右の耳から、可聴領域の異なる周波数の音を聞く事で、脳内の器官、脳幹で左右の周波数の差に相当する信号が発生します。例えば右から100ヘルツ、左から104ヘルツの音を聞くと、その差にあたる4ヘルツの信号が発生します。その周波数によって脳波の状態が変化します。この4ヘルツという周波数は、深いリラックス状態の脳波の状態です。人は4ヘルツの音を単独で聞く事はできませんが、このヘミシンクの方法を用いることで、様々な脳波の状態を作り出すことが出来るのです。

音と脳波の関係1

音と脳波の関係2

脳波の状態

人の意識状態には大きく分けて、4つの状態があります。この意識状態は脳波と深い関わりがあることが分かっています。

  • β(ベータ)波 13ヘルツ以上 はっきりと起きている状態
  • α(アルファ)波 8〜13ヘルツ リラックス、軽い瞑想状態、集中状態
  • θ(シータ)波  4〜8ヘルツ  深いリラックス、瞑想状態
  • δ(デルタ)波  4ヘルツ以下  熟睡の状態

脳波の状態

意識のマップ

意識のマップ

ロバート・モンローは様々な意識状態に番号をつけてゆきました。様々な意識状態に番号をつけることで、どんな意識状態を探求しているのかが分かるようになり、それぞれの体験を比較することが容易になりました。

コンシャスネス(意識レベル)1 意識と肉体が覚醒した状態
フォーカス10 体は眠り意識は目覚めている状態 五感を超える知覚
フォーカス12 知覚・意識の拡大した状態 肉体的・空間的な束縛からの自由 ガイドとの交信が可能な領域
フォーカス15 時間の束縛から自由になった領域 思いの具現化や願望の実現に最適な領域 過去や未来にアクセスできる
フォーカス21 非物質のエネルギー系 この世とあの世の架け橋 向こうの世界の存在と出会いの場
フォーカス23〜26 死後の世界 様々な信念体系の領域
フォーカス27 輪廻と再生の準備の領域。癒し、教育、計画の「場」があり、転生の準備をすることが出来る。
フォーカス34/35 地球生命系を超えた意識の領域/向こう側の自分(I There)へのアクセス
フォーカス42 太陽系を超えた銀河意識の領域/I Thereクラスターへのアクセスフォーカス
フォーカス49 銀河系を超えた銀河系近傍の意識の領域/I Thereスーパークラスターへのアクセスフォーカス
フォーカス49以上 この宇宙を超えた意識の領域/帰還への意識の広がり

ロバート・モンロー

Robert Allan Monroe (1915-1995)

放送業界で活躍していたロバート・モンローは、ある日、不思議な現象を体験します。
眠っていたはずの自分の意識が肉体から離れているのです。

モンローは自分の身に起きたこの現象を内科医や精神科医、また超能力の研究者に看てもらいますが、異常は見つかりません。結局は自分で調べるしかないと気づいたモンローは、研究用の施設を作り、音響が及ぼす人の意識状態の効果を研究するようになりました。これが後のモンロー研究所の始まりです。
ロバート・モンローは1958年に最初の体外離脱をしました。後にモンローはこの現象を「体外離脱体験」(The out of Body Experience) と名付けました。研究グループが結成され、音響を用いた加速学習とその効果について研究が進み、人間意識における様々な発見に繋がりました。

モンロー研究所

1970年代、初期の研究グループが結成され、ヘミシンク®を用いた意識探求のプログラムが行われるようになりました。最初のプログラムは、西海岸のエサレン研究所で行われ、世界中で行われるようになりました。
1979年、ヴァージニア州に現在のモンロー研究所が建設されます。
研究施設はブルーリッジ山脈の山懐に抱かれた、のどかな牧場に囲まれた風光明媚な地に建てられています。印象的な六角形の塔と、庭に置かれている巨大水晶がこの研究施設のシンボルともなっています。
施設内にはプログラム受講の為の宿泊型の研修施設と、プログラムやヘミシンク音の研究開発の為の研究施設に分かれています。
滞在型プログラムでまず最初に受けるのは入門コースともいえる、「ゲートウェイ・ヴォェッジ」。このコースではフォーカス10、15、21と呼ばれる意識状態を体験します。
さらに死後の世界、フォーカス22から27を探求するための「ライフライン」など様々なプログラムが開催されています。
現在、モンロー研究所公式プログラムはアクアヴィジョン・アカデミーにより、ゲートウェイヴォエッジなどすべてのプログラムが日本国内で受講ができます。

小島ゆかりが体験したモンロー研究所

小島ゆかりが最初にモンロー研究所を訪れたのは2005年の春。 公式の宿泊プログラムである「ゲートウェイ・ヴォェッジ」でした。
その後、毎年アクアヴィジョン・アカデミー(坂本政道さん代表)によって開催されている公式の日本語プログラム1期生として参加しています。

「ゲートウェイ・ヴォエッジ」(2005年 モンロー研究所)
「ライフライン」(2006年 モンロー研究所)
「エクスプロレーション27」(2007年 モンロー研究所)
「スターラインズ」(2008年 モンロー研究所)
「スターラインズ2」(2009年)
「ガイドラインズ」(2016年)
「スターラインズ・リユニオン」(2017年)
いずれの探索の体験は、充実した素晴らしいもので、小島はその体験を自身の人生と事業活動に反映させています。
小島由香理は、2007年、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク®トレーナーに、2009年10月、モンロー研究所のアウトリーチ・ファシリテーターに認定されヘミシンクセミナーを通してのヘミシンクの普及を続けています。

ヘミシンク®がもたらすもの

GIFT OF HEMISYNC

ヘミシンクはよく車の両輪に例えられます。
ひとつは、ヘミシンクを用いて、様々な脳波の状態に導かれ変性意識状態になることです。
そして、もうひとつは、自分の意図する意識領域を探求してゆくことです。
「人はどこから来て、どこに向かってゆくのか?」「この人生における自分の使命とは何なのか?」それらの答えを自らが導きだし、様々な意識領域を探求するためにヘミシンクは活用されています。
ヘミシンクは自分で体験するのが一番です。「Have fun!」がヘミシンクの合言葉です。好奇心と探究心を持ち、リラックスして探求してください。
Amazonサイトにヘミシンクの参考図書のリストがございます。ご利用ください。Have fun !

参考図書リスト

スケジュール/お申込み

SCHEDULE & SING UP

ヘミシンクプログラム一覧はこちら

セミナーは完全予約制となっております。 ショップKARAでのご予約も可能です。
また、お客様がキャンセルをご希望される場合には、事前のご連絡をお願いいたします。
お申込みの際には、かならずキャンセル・ポリシーをお読み頂くようお願いいたします。
ご質問などがございましたらお問い合わせフォームから、どうぞお気軽にお尋ねください。
ヘミシンクセミナーのQ&A「よくあるご質問」をご用意しております、事前にお読みください。