アシュタールと行く縄文・三内丸山遺跡エクスカージョン

ヒーリングアートスタジオ カーラトップページ > アシュタール > アシュタールと行く縄文・三内丸山遺跡エクスカージョン

アシュタールと共に 愛のJOMON(縄文)へ時空を超えて旅しよう!

Excursion to “JOMON” with Ashtar

今なぜ縄文なのか?

なぜ「縄文」が人々の心を虜にするのでしょうか?
 
縄文文化のはじまりは今から約1万5千年前に遡ります。
愛と調和が豊かな自然の中で育まれ、人々の争いもなく、
1万年以上も続いた世界でも貴重な文化です。
◆豊かなる縄文、レムリアの波動
縄文文明は約1万5千年前に始まったと言われています。
氷河期が終わり、地球は温かくなり、その後の旧石器時代を経たのち、
縄文時代が始まりました。 

地球上の森には広葉樹が広がり、木の実やキノコが採れ、
海には魚介類が豊富に育ち、縄文の人々は豊かな食料に恵まれていました。 

縄文の人々は生活に使うための道具を作るようになりました。
狩に使うための弓矢や石槍、そして土器で作られた器など。 

縄文の初期の頃は、単純な形のものが多かったようですが、
後期になるにつれ、土器には美しい網目の模様が施され、
まるで芸術品のような土器も出土されています。 

なんと、1万年もの間、続いた縄文時代。 

移動して狩猟をしていた時代から植物を栽培するようになり、
移住生活から定住生活へと大きく変化し、人々は集団のムラを作り
ムラの中には住居や墓が作られました。 

縄文時代には人々は争わず、平和に暮らしていたとも言われています。 

「私はキノコを採ってくるわ」

「僕は魚を獲ってくるよ」

「ワタシはお水を汲んでくるわ」

「ボクはお空を眺めているよ」

こんな会話があったかどうか定かではありませんが、
豊かな食料が人々の心を豊かにし、
人々は自分が出来る好きなことをして、調和した暮らしを送っていたライフスタイル。
それが縄文の人々の暮らしだったのかもしれません。

愛と調和の高い波動を保っていたレムリアと多くの共通点が見出せる縄文。

仮説を立てるとしたら、古代レムリアの文明が、
縄文に現れていたとも考えられるかもしれません。
◆三内丸山遺跡について

青森にある三内丸山遺跡は縄文時代前期~中期(紀元前約3900年~2200年)に栄えた日本でも最大級の縄文集落です。

今までの発掘調査で住居跡は約550軒
祭祀用に使われたと思われる直径2m、深さ2m、推定高さ約20mの
大型掘立柱建物が存在していることが分かりました。

しかも、柱と柱の間隔は全て2m、深さも全て4.2mで統一されていました。
特に4.2mというのは35cmの倍数で縄文尺という単位が使われています。

縄文尺は日本の他の遺跡でも確認されていますが、
今のように携帯もない、インターネットもない時代で
縄文尺がどのように全国に広がったのか未だに解明されていません。

当時としてはかなり高度な技術ですが、トラックも重機もない人達が、
どうやってこんな大型な柱を正確に建てることができたのでしょうか。
このような建造物は日本だけではなく、
エジプトのピラミッドやイギリスのストーンヘッジなど世界中にあります。

いくら当時の技術が高くても、人の手でどうやって作られたのかは、今も多くの謎に包まれています。

そもそも、それらは人が建てたのでしょうか?

わたしたちの祖先である縄文人は、母なる地球の自然と調和し、
宇宙の叡智とつながっていたのではないか。

各遺跡はその証であり、何千年もの時を経て未来へ繋がるメッセージを
今のわたしたちに投げかけているのではないでしょうか。

そして、宇宙人のような土偶や土器の数々。

もしかしたら、宇宙からの来訪者がこの縄文の時代に地球を訪れていたのでしょうか?
◆そうだ!アシュタールに聞いてみよう!

1万年の縄文文明の謎をアシュタールに聞いてみよう! 

・  縄文はレムリアの文明を引き継いでいたのだろうか?

・  縄文時代に宇宙からの来訪者はいたのだろうか?

・  縄文の人々は宇宙人から技術を学んでいたのだろうか?

・  縄文人は宇宙人のDNAを持っていたのだろうか?


・  縄文人が現代人に伝えてくるメッセージは何なのか?

 
それらの疑問をアシュタールに尋ね、一緒にひも解いていきましょう!

◆縄文についての豆知識

縄文人は、どんな姿をしていたのでしょうか?

男性の身長は160センチ弱、女性はそれより10センチ程小柄で、筋肉質。
髪の毛の量は多く、顔の彫りは深く、二重まぶたと分厚い唇が特徴だったようです。 

世界を見ると、縄文中期には、黄河地域の黄河文明、インダス川流域のインダス文明、
ナイル川のエジプト文明、チグリス・ユーフラテス川流域のメソポタミア文明が生まれていました。

縄文時代は稲作が始まる弥生時代までの間、約1万年もの長きにわたって続きました。
優れた生活技術や、豊かな精神性を持ち、成熟した文化を築いていたようです。

<
お申込はこちらです

https://coubic.com/starship_kanade_yoyaku/889463/express
私たちがツアーにご一緒いたします

古代日本の縄文と宇宙をつなぐ時空を超えたホログラムなスペシャルリトリート!
パワフルでエキサイティングな時空宇宙をアシュタールと一緒に旅に出かけましょう。

テリー・サイモン博士
レディ・アシュタール


日本の皆さまこんにちは。
わたしはアシュタールの言葉を伝えるテリー・サイモンです。
アシュタールの役割は、地球の人々に愛の光を運びそれぞれの魂を、正しい軌道に導くことです。
皆さまがアシュタールのエネルギーに触れることで人生のお役に立てていただけることを、
アシュタールの言葉の大使として、心から祈っています。


アシュタールからのメッセージ

あなたが愛に生きれば、あなたは真実を生きることになる。
真実を生きるということは、宇宙の叡智を生きることなのだ。
その叡智をあなたの内側にもたらそう。

その命のあらゆる側面において、あなたは愛なのだ。
問いてみたり、祈ってみたり、願ったり、求めてみたりするにしても、
まずは信じなければならないということを理解してほしい。

わたしはここにいて、あなたと一緒にそれを見て、
共に歩み、導き、あなたが愛へと向かう道を示そう。
今を生きよう。そして愛を生きるのだ。

(アシュタールのメッセージより)
神結心春(かみゆいこはる)

∞(無限)❤︎(愛心)Creator


私には夢がありました。それは、「お母さん」になること。そして、産まれてくる女の子に「小春」と名付けると決めていました。その夢は叶いませんでしたが、娘の小春はスピリットとしてわたしと共に今を生きています。

私の祖父は、戦後すぐの靈氣ヒーラーでした。わたしが産まれたときにはすでに亡くなっていましたが、母から祖父のヒーリングを受けるため、家にはたくさんの人たちが来ていたと言う話しを聞いて育ちました。
そんな祖父が私のところに現れ、光を差しだし「光を届けていきなさい」というメッセージをくれました。そして、私にはもうその準備ができていることを教えてくれました。

わたしは、この地球で生きることを楽しみながら、わたしたちは肉体を中心で考える物質的な存在ではなく、スピリット(霊)であり、愛をとおして∞(無限)の ❤︎(心)を創造し、一なるものであるという真理への光の道を共に歩みます。
個々の悩みを超え、この世の幻想を超え、宇宙の幻想を超えたその先へ・・・
∞❤︎神結心春❤︎∞
河合めぐみ (かわい めぐみ)
 株式会社KARAスタッフ
 セラピスト・瞑想ファシリテーター

KARAで天然香水&天然石ジュエリーあまのかを担当、アシュタールツアー各会場にお邪魔している河合めぐみです。


過去数回、アシュタールと共にしたリトリートやワークショプでは驚くほど多くの方が魂の目覚めを果たされています。
この度、縄文文化の聖地、三内丸山遺跡をアシュタールと共に訪れる機会を得たことは、
大きな喜びであると共に、参加される皆様の古代レムリアの魂が呼び覚まされる旅となるだろうと確信しています。

縄文文化の聖地でアシュタールがどのようなメッセージを下すのか、
また皆様にどのような変容と気づきが起きるのか、今からワクワクしています!
一緒に縄文をめぐるアシュタールの旅を楽しみましょう。

みなさまの旅が素晴らしいものとなるよう、精一杯お手伝いさせていただきますので、なんでもお気軽にお声がけくださいね。

めぐみのムーンデー瞑想会 https://studio-kara.com/workshop/session/?cd=11

エクスカージョンのご案内

Excursion Information

お申込はこちらです

https://coubic.com/starship_kanade_yoyaku/889463/express

先着20名様

*20名様を超えた場合は、キャンセル待ち扱いとなります事をご了承くださいませ。
日時 2019年9月23日(月・祝)
定員 先着20名様
※20名様を超えた場合には、お申込順のキャンセル待ち扱いとなります。
行程 ≪9:00≫JR八戸駅集合
≪9:30≫出発=バスにて青森・三内丸山遺跡へ
≪11:30≫三内丸山遺跡到着後 ランチ
≪13:00≫アシュタールと共に巡る遺跡内
≪15:30≫ バスにて八戸駅へ
≪17:00≫八戸駅にて解散
※車中や三内丸山遺跡内にてアシュタールのメッセージやQ&Aタイムがございます。
※途中で休憩を含みます。
※ツアー行程は天候などの都合により変更する場合がございます。
※行程の都合によりバスが遅延する可能性もございます。あらかじめご了承ください。
※通訳、昼食、バス移動費、ワークショップ参加費を含みます
※当エクスカージョンにご参加の方は各自、自己責任において旅行保険にご加入のうえ、ご参加ください。
参加費 55,500円(税込)
お申し込み先リンク https://coubic.com/starship_kanade_yoyaku/889463/express

キャンセルポリシー 
お申し込み前に、必ず以下のキャンセルポリシーをご確認の上、お申込ください。
やむを得ずキャンセルされる場合のご返金は、以下の通りになります。

  ①3日前〜前日
    料金の50%に相当する金額

  ②当日
    料金の全額

お申し込み期限:満席となり次第、キャンセル待ちといたします。
アシュタールとは? セッション スケジュール アシュタールと行く縄文・三内丸山遺跡エクスカージョン アシュタールの学校 リアライメント・プログラム アシュタールBOOK アシュタールのLINE@